『Past.exe』呪いのゼルダの伝説

スポンサーリンク
Pocket

お世話になっております。ぴーちすと申します!

今回ご紹介させていただくゲームは

『Past.exe』

という『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のexeゲームです。

exeゲームとはファンホラーゲームであり、ゼルダの伝説の残酷な二次創作要素が含まれております。予めご了承下さい。

呪いのゼルダの伝説 – Past.exe【実況プレイ】

※こちらは任天堂の公式作品ではなく、同人作品です。

スポンサーリンク

呪いのゼルダのダウンロードなど

作者:RandyBecker氏

『Hotel Mario 6』の作者はRandyBecker氏という海外のクリエイターさんです。

RandyBecker @RandyBecker(Game Jolt)

以前紹介した『Metroid.exe』と同じ作者さんです!

お世話になっております。ぴーちすと申します! 今回ご紹介させていただくゲームは 『Metroid.exe』 ※こちらは任天堂株...

ダウンロード

『Past.exe』は下記のリンクよりダウンロードできます。

Past.exe(Game Jolt)

呪いのゼルダの内容(ネタバレ注意

YouTubeに実況動画をアップロードさせていただきましたが、実況動画が苦手な方や諸事情により動画をご覧になれない方もいらっしゃるかと存じます。

以下に『Past.exe』がどのようなexeゲームであったかをご紹介したく存じます。

操作方法

移動:矢印キー

調べる:スペースキー

王道冒険ゲームのようなオープニング

『Past.exe』を起動すると早速ゼルダの伝説のタイトルテーマが流れ、別にホラーゲーム感はない画面が表示されました。

スペースキーでスタートです。

スタートした瞬間、64版のゼルダの伝説シリーズに登場する「しあわせのお面屋」の笑い声がします。

もしかしたら海外の都市伝説(Creepypasta)の『BEN DROWNED』をモチーフにした二次創作ゲームなのかもしれません。

デスマウンテンらしき場所

ゲームはデスマウンテンらしき場所の途中から始まります。

本家の『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』だと最後の方に来ることになるマップですが、主人公のリンクは剣すら所持していません。

ハートも初期の3つでした…

意外と一本道

フィールドには洞窟があったり、意味ありげな石がおいてある場所が見えたりと一見色々な場所に進めそうですが、実は進めるルートは1つしかございませんでした。

こういう洞窟とか…

右の方に見える石が集まっている場所とか…

入れそうなのですが、入れないんです。

結局道なりに山をどんどん登っていくことになります。

途中で

Turn back…

引き返せ…
と記された看板がございますが、ここで引き返しても特になにもございませんでした。

BEN?

看板の先のハシゴを登ると、画面全体にうっすらと怖いリンクの画像が徐々に浮かび上がってきます。

どんどん濃くなっていき、ある程度までプレイヤーが進むと…

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の時計台の鐘の音が鳴り、世界が少しだけ禍々しくなります。

さっき入れなかった洞窟には…

何かいます。近づくと唸り声のようなものが聞こえますが、無害です。相変わらず洞窟に入ることはできません。

わるい大妖精

先に進むと大妖精がいます。

この大妖精に話しかけると…

Hero…
Do not be afraid.
Please allow me to heal your wounds.

勇者よ…
恐れることはありません。
あなたの傷を癒させて下さい。
といつも通り、傷を癒してくれる旨のセリフが流れます。

問答無用で癒してくるのですが…



・・・

ダメージを与えてきました。そもそも傷なんてなかったんですよ!!

そしてこの顔である。

画面が暗転し、64版『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の大妖精の笑い声が流れます。時オカの大妖精、怖いですよね…。

謎の洞窟?

大妖精の罠の後、リンクは暗い場所に飛ばされます。

右に進むしか道はないようでした。右に進んでいくと…

どんどん明かりが少なくなり、周りが見えなくなってきます。地面には血のようなものがついていますね…。

ともう限界!!というときに、

怖いリンクの画像がアップで表示され、さきほどの大妖精のところまで戻されます。

大妖精はもういないので、もう来た道を戻るしかルートはなさそうです。

墓地

来た道を戻ろうとハシゴを降りていると、したから黒いリンクが猛スピードで襲ってきます。

操作しているリンクの速度とは比べ物にならない程速いので、おそらく回避はできません。

例の怖いリンクの画像がアップで表示され、主人公は墓地に飛ばされます。

道なりに歩いていると、ガイコツが何体も現われます(スタルフォス?)。

このガイコツには話しかけることはできるのですが、セリフは全員同じ

This is not a game…

これはゲームではない…

Past.exeが超常的な何かだということを意識させるためのメッセージなのでしょうか。実況動画では怖くてふざけていました…

最終的にゲーム上意味ありげなお墓までたどり着きます。

ただそのお墓を調べることはできず、あえなく戻ってみようとすると…

いままで登場したガイコツ達がこっちに猛スピードで向かってきます。

そして例の怖いリンクの画像が表示されて、元のハシゴの上に戻されます。

クロックタウンの鐘

再び戻る道を進んでいると、BGMが止みます。不気味なBGMでしたが、ないよりはマシでした。

そしてまたしばらく進むと、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の時計台の鐘の音が聞こえます。

頃合を見たかのように、アイテム欄に登場するBEN。

BENを使用できるわけではございません。

一番最後の洞窟にも顔が浮かび上がっているのですが、ここの顔だけは近づくと…

効果音付きで脅かしてきます。でも無害です。

最終的にこのゲームのスタート地点にあった洞窟に入ることになります。

これにてゲームはクリアです!

エンディング

洞窟に入った後、徐々に例の怖いリンクの画像が浮かび上がり、良く見ることができるようになります。

これはやはり海外の都市伝説に登場するBENの画像でしたね。

そして画面はゆっくりと暗転するのですが… しばらくすると

大音量でこの画像が表示され、アプリケーションが終了し、このexeゲームは終了です!

まとめ

RandyBecker氏のexeゲームは雰囲気がオリジナルに近く、本当にこういう怖いROMがどこかにあるかもしれないと思っちゃいます。。。

BEN DROWNED要素もあったようですが、知らない方でも全然大丈夫なexeゲームだと思いますので、是非興味のある方はプレイしてみて下さい!!

最後までお読みくださいましてありがとうございました!
スポンサーリンク