「あういえお」グロいあいうえお作文【検索してはいけない】

どうも、検索してはいけない言葉実況者のぴーちすです!

今回は「あういえお」について。危険度3の検索してはいけない言葉とされているワードです。

埋め込みは私の実況動画『検索してはいけない言葉を皆で見ようぜ!【生声実況】#15』です。00:21から「あういえお」を検索しております。

 

よく見ると「あいうえお」ではなく「あういえお」です。

本記事では「あういえお」について

  • 危険度・ジャンル
  • 検索したら何がヒットするのか
  • それはどのようなサイトなのか
  • 作者さん
  • ネタバレ

これらを詳しく見ていきます。

検索してはいけない言葉一覧

危険度・ジャンル

「あういえお」の検索してはいけない言葉としての危険度は3です。危険度3は「検索・閲覧する場合は注意」と言われています。

「あういえお」のジャンルは「グロ、セクシャル、フォビック」。

危険度3にはホラー系、微グロ系、セクシャル系の言葉などなど色々な種類の危険があります。この「あういえお」の場合はグロときどきセクシャルという感じでした。

危険度3の検索してはいけない言葉一覧

「あういえお」と検索すると?

「あういえお」と検索すると『あういえお – hippy.jp』というサイトがヒットします。このサイトが「あういえお」です。

アクセスすると『よいこのあいうえお作文」というサイトであることがわかります。

動画内では「あういえお」ではなく「あいうえお」と認識してしまっていました。「よい子のあいうえお」と検索することで解決しています。

「あういえお」はどんなサイト?

「あういえお」と検索して出てくる『よいこのあいうえお作文』というサイト(以下、あういえお)。

その名前だけ見たら「子供にあいうえおを教える知育サイト」に思えます。

ひらがなで「こくご」

ではそんな「あういえお」は何故検索してはいけない言葉になっているのでしょうか。

サイトの内容を見ながらその理由を明らかにしていきましょう。

トップページは普通

「あういえお」にアクセスするとまずはトップページが表示されます。

トップページにはグロ画像は一切ありません。

『よいこのあいうえお作文』というサイト名の下に博士と2人の子供の絵、そのセリフが描かれています。

(博士)
ここはよいこの
みんながひらがなを
身近(みぢか)なものを
通して覚えられたらいいな、
という目的(もくてき)で
つくられたホームページじゃ

(男の子)
ぼくは太郎

(女の子)
わたしは花子
いっしょにひらがなを
べんきょうしましょう

子供たちの不機嫌そうな顔が少しだけ気になりますが、トップページを見ても「あういえお」が検索してはいけない言葉になった理由は全くわかりません。

博士たちの下には50音のひらがなが書かれており、それぞれにリンクが貼られています。

各リンクに飛べば、そのひらがなを覚えるのに役立つ身近な物が出てくるということですね!

リンク先の画像がグロい

検索してはいけない言葉たる所以はここからです。

各ひらがなに貼られたリンクに飛ぶと、グロいイラストが表示されます。しかしそれはイタズラで適当なグロ画像を貼り付けているというわけではありません。

あいうえお表

各ひらがなに対応した描きおろしのイラストが貼られているのです。どれもかなり芸術的

本記事の最後に「あういえお」の各画像がどんなものかを文字でまとめております。「あういえお」を怖くて見れないけど、どうしても知りたい方のみ一番下まで見てください。

「あういえお」の作者さん

とてもグロテスクなイラストが大量に貼ってある「あういえお」。しかしそのイラストは美しさも感じられるほど繊細なイラストでした。

そこで気になるのが作者さんです。

いとまんさん

「あういえお」のトップページ上部にIndexというリンクがございました。

そのリンクはいとまんという漫画家さんのサイトに繋がっていました。

ドキュンサーガの作者さん

いとまんさんは『ComicWalker』にて『ドキュンサーガ』という漫画を2021年1月13日から連載なさっております!

ドキュンサーガ

「あういえお」のまとめ

以上、危険度3の検索してはいけない言葉とされている「あういえお」についてみていきました。

「あいうえお」に似た文字列であることから誤って検索する可能性があり、『よいこのあいうえお作文』という子供向けと思わせるタイトル、それに対する過激なグロ画像。

これこそ検索してはいけない言葉というサイトでした。

とはいえ作者は漫画家さんということもあり、芸術性が高いサイトです。

ですので、子供や純粋にあいうえお作文を楽しみたい人にとって検索してはいけない言葉になるかと思いますが、芸術や刺激を求める人には検索してもいい言葉になるかもしれません。

いままでの検索してはいけない言葉一覧
検索してはいけない言葉とは検索すると良くないことが起こる言葉です。略して「検いけ」と呼ぶ場合もあります。各ワードを検索するのは自己責任のもと行ってください。本記事ではいままでぴーちすの動画で実況した検索してはいけない言葉を一覧にいたします。
ビックリフラッシュまとめ 55選(URL付)
どうもビックリフラッシュ実況者のぴーちすです!今回紹介いたしますのは「ビックリフラッシュ(Jump-scare Flash Movie)」です。ビックリといっても「嬉しいサプライズ」ではなく、「怖いサプライズ」。「面白フラッシュ」というジャ
https://pppppppppp.xyz/horror-site/

「あういえお」のネタバレ

ここからは「あういえお」の各ひらがながどんな画像なのかをまとめています。

「あういえお」のネタバレとなりますので、本家をどうしても見れない方のみご覧ください。

タイトル説明
顎無し下あごが切り取られた女性
嘔吐臓物を吐いている女性
顔なし顔面が切り取られた女性
串刺し2人の女性の串刺し
ゴポッ目と口と首から血
人体発火燃えている男性
スクラップブックグロ画像のアルバム
達磨四肢の無い女性
自らの腸で亀甲縛り
吐血口を手を抑えている女性
内臓内臓が出ている女性
ネクロフィリア遺体を舐める女性
爆死体が爆散している女性
ピーラー背中を剥がれた女性
不正咬合鼻から下が崩壊した女性
ヘッドショット鼻から上が爆ぜた女性
みじん切り四肢が無く腸が出ている女性
大量の目
リストカット浴槽で自傷行為をする女性
轢死損壊の大きい女性
3人の女性がお互いの足を食べて輪に
タイトルとURLをコピーしました