怖いサイトまとめ【検索してはいけない】

どうも、検索してはいけない言葉実況者のぴーちすと申します!

本記事ではいままで実況した検索してはいけないような怖いサイトを危険度順に一覧でまとめていきます。

一部怖いサイトへのリンク・URLをつけておりますので、直接見たくない方は誤クリック・タップにご注意ください。

ウィルスや犯罪系など本当にアクセスしない方が良いと判断したサイトにつきましてはリンク・URLをつけておりません。

ネタバレが苦手な方はご注意ください。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

>>検索してはいけない言葉一覧

>>ビックリフラッシュまとめ

危険度1

まずは危険度1の怖いサイトから見ていきましょう。

怖いサイトと言いつつ、面白いサイトの方が多い気もします。まだ危険度1なので怖さは弱めです。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

あああああああああ!

『あああああああああ!』はアンサイクロペディアという百科事典タイプのサイトの1記事です。

かな入力

本文はもちろんサイドバーや画像内の文字まで含めて、ページ内の文字がすべて「あ」になっているサイトです。

狂気を感じるという意味で怖いサイトかもしれません。

あああああああああ!(外部リンク)

「あああああああああ!」という「あ」しか存在しない記事
どうも、検索してはいけない言葉実況者のぴーちすと申します!今回は「あああああああああ!」について。下の埋め込みは私の実況動画「検索してはいけない言葉を皆で見ようぜ!#19」です。0:23から「あああああああああ!」を検索しております。「ああ

愛生会病院

『愛生会病院』は埼玉県久喜市に実在する内科・小児科・産婦人科の病院です。

その公式サイトが怖いサイトと言われています。

チカチカするデザインなので暗い部屋で見ると確かに危ないサイトかもしれません。しかしサイト内のコンテンツ自体には危ない・怖いものはございませんでしたので、ご安心ください。

愛生会病院(アーカイブ)

※2013年7月3日に閉鎖され、現在では普通のサイトになっております。

『愛生会病院』のサイトについて詳しくまとめました。

「愛生会病院」のホームページの閉鎖前が凄い【検索してはいけない】
検索してはいけない言葉の愛生会病院について検索したら何がヒットするのか、ホームページ閉鎖のツイート、どんなホームページだったのか、院長とインターネットを詳しく見ていきたいと思います。閉鎖前の愛生会病院は目がチカチカする派手なホームページでした。

アナゴさん

『アナゴさん』はアニメ『サザエさん』の「穴子さん」というキャラクターの音声を大量にまとめたサイトです。

誰かを怖がらせるためのサイトではないのですが、異様なサイトの見た目や各リンクをクリックすると急にアナゴさんの音声が流れることから、検索してはいけない言葉になっています。

昔はウィルスがある、有料サイトである、など様々な噂が囁かれていたそうです。しかしそれらは嘘で危険なコンテンツが含まれるサイトではございませんでした。無害ですがカオスなサイトです。

年度別のまとめページの更新は止まっておりますが、トップページの音声は2021年6月現在も更新が続けられているそうです。

アナゴさん(外部リンク)

こ~こはど~この箱庭じゃ

『こ~こはど~この箱庭じゃ』はフラッシュ形式の怖いサイトです。

こ~こはど~この箱庭じゃ タイトル

行太さんという方が運営なさっている個人ホームページ。

綺麗な写真も貼ってあり、掲示板もそこそこ盛り上がっています。別に怖いことはなさそうです。このサイトでキリ番を踏むと、何かあるのでしょうか?

危険度1ながら、怖い演出があるホラーサイトです!

こ~こはど~この箱庭じゃ(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
伝説の怖いサイト – こ~こはど~この箱庭じゃ?

絶対にクリックしてはいけないサイト

『絶対にクリックしてはいけないサイト』はクリックしてしまうと侮辱されるサイトです。

サイト内でどんなことがあってもクリックしてはいけません

はたしてあなたはクリックせずにページの最後までたどり着くことができるでしょうか。クリックすると侮辱されるということですが、その演出にビクッとしてしまいました。

演出自体は怖がらせるものではありませんが、知らずに見るとビックリするのでホラーサイトの分類だと思います。

絶対にクリックしてはいけないサイト(外部リンク)

バナナのナス、バナナス

『バナナのナス、バナナス』は謎のサイトです。

アクセスすると「バナナのナス、バナナス」というメッセージボックスが表示され、消しても消しても再び出てきます。ウィンドウが増えるわけではないので、ブラクラではありません。

バナナのナス、バナナス(外部リンク)

危険度1の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度1の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度1とは「人によっては不快かも」というもので、検索しても生活に支障をきたす恐れはありません。ただし不気味なものもあるので、やや閲覧注意な言葉です。

危険度2

ここからは危険度2の怖いサイトです。

危険度2も危険度1に引き続きジョーク系のサイトが多いです。ただ中にはホラーサイトもあるので、注意は必要です。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

暗闇帝国ダークロン

『暗闇帝国ダークロン』は地球侵略を目論む組織ダークロンの公式サイトです。

閲覧者はダークロンのカーストで最下位の戦闘員「ダークマン」にならないか、と勧誘されます。しかし入団してしまうと…

もしおまえがダークロンにいったん入団してしまえばもう逃れられぬ。脱走は極刑だ。さよう。「死」よりも恐ろしい運命がおまえを待っているだろう。

団員はどんな人でもいいというわけではなく、誠実な人が欲しいみたいです。

他にも「闇の十二使徒」のメンバーなど様々なコンテンツを見ることができます。

厨二病なサイトです。

暗闇帝国ダークロン(外部リンク)

カメムシ

『カメムシ – アンサイクロペディア』はアンサイクロペディアというサイトのカメムシについての記事です(上記の『あああああああああ!』の記事があるサイトです)。

記事内容はカメムシの臭さについてまとめているものです(ジョークサイトなので面白い嘘も)。

しかし他の記事と異なり、ページ下部にリアルなカメムシの腹側の画像が時計回りで円を描くように動いています。その画像をクリックすると、その画像をよく確認できてしまいます。

虫が苦手な人にとっては怖いサイトかもしれません。

カメムシ – アンサイクロペディア(外部リンク)

過去バージョンはより衝撃的で、記事全体に文字が読めないほどのカメムシの画像が表示されます。これについてはが苦手な人に加え、集合体が苦手な人にとっても怖いサイトです。

過去バージョン(外部リンク)

攻撃する言葉(んきなやや)

『攻撃する言葉 — Attacked By Words —』は棒人間が文字で埋まっていくサイトです。

棒人間の周りにはどんどんひらがなが出現し、棒人間が見えなくなっていってしまいます。

ひらがなは何も意味をなさないランダムな文字列です。画面が真っ黒になるまでどれくらい時間がかかるのでしょうか…

ウィルスに感染するという噂もあって検索してはいけない言葉になっていますが、私はこのサイトを閲覧してウィルスに感染したことはありません。

『攻撃する言葉』(外部リンク)

伝説の呪いの動画 他【検索実況8】
Part8では「2 girls 1 cup」「クローニーカバンマン」「んきなやや」「あたしはもうお嫁にいけません」「sm666」「だんご2兄弟」という検索してはいけない言葉を検索しました。

脱毛人形

『脱毛人形』はムダ毛に悩む女性のもとに現れる人形の怖いサイトです。

アイドルになりたいのにムダ毛のせいでその夢が叶わない女性の元に現れた「脱毛人形」という人形に関する怖い物語を読むことができます。

途中からは音やギミックが満載でビックリ要素もあるホラーサイトです。

脱毛人形|脱毛デレラ(外部リンク)

西野ン会議

『西野ン会議』は必ず恐ろしいことがおこるweb会議に参加できるサイトです。

「西野ン」という謎の人物(?)が主催するweb会議。

会議に参加すると西野ンに住所が特定されたり、催眠術をかけられたり… やがて参加者たちに本当に異変が起き始めます。

同じURLで行われた第二弾「西野ン会議2」はエンディングに分岐がありホラーゲームのような仕組みになっていました。

世にも奇妙な物語のプロモーション企画でかなり怖いホラーサイトでした。

西野ン会議(アーカイブ)
※アーカイブは残っていますが、会議に参加しても他の参加者の音声や映像は繋がりません。

よく発見しましたね 隠しページです

『よく発見しましたね 隠しページです』はどこかのサイトの隠しページです。

「絶対に押すな」と書かれたボタンを何度も押すと、少しだけ怖いことが起きます。

このボタンはかわいい。

成田空港駐車場 国際空港パーキングという駐車場のサイトにある隠しページでした。

よく発見しましたね 隠しページです(外部リンク)

林檎型肺胞

『林檎型肺胞』は意味不明で不気味なサイトです。

絵や日記、動画など様々なコンテンツがありますが、どれもどこか不安になるような作品・文章です。また色々なところにリンクが貼ってあり、隠しページのような楽しみ方もできます。

一部ページに怖い画像も貼ってあるので注意。

林檎型肺胞(外部リンク)

yyyyyyy.info

『yyyyyyy.info』は意味不明な画像や文字列が並んでいるカオスなサイトです。

ところどころにリンクも貼ってあり、その先も

  • 大仏の画像が変な位置に貼ってあるだけのページ
  • 監視カメラ映像のページ
  • フィルムに蒸気を当てる女性のページ
  • 様々な画像が迫り来るページ

などなど意味不明なページばかり。何か起こるのではないかと不安になる怖いサイトです。

今まで危ないことは起こったことがないので、大丈夫だと思います。

yyyyyyy.info(外部リンク)

危険度2の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度2の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度2とは「検索する際は慎重な判断を」というもので、検索しても生活に支障をきたす恐れは少ないです。ここら辺までは経験上も、検索しても問題ない言葉がほとんどです。

危険度3

ここからは危険度3の怖いサイトです。

グロやビックリ、ホラーなどいよいよ本当に怖いサイトが出てきます。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

あういえお

『あういえお』はひらがなを身近な物を通して覚えられたらいいな、という目的で作られた怖いサイトです。

各ひらがなに対応したイラストをみることができます。一見子供向けの知育サイトのような印象です。

しかし表示されるイラストはグロテスクなイラスト、という怖いサイトです。

(過激な画像を含むためリンクは控えます)

429 Too Many Requests

あなたの来世診断

『あなたの来世診断』は使った人の来世を予言してくれるという怖いサイトです。

あなたの来世診断 タイトル

Twitterの「〇〇ったー」などのような診断サイト。

名前を入力して診断するボタンを押すと、あなたが来世で何になるかを診断してくれます。診断した代償として大事な物を取られてしまう怖いホラーサイトです。

『世にも奇妙な物語』のキャンペーンサイトでした。

あなたの鐔ュЖ_診断(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
呪われったー – あなたの来世診断

アマゾン.com

『アマゾン.com』は韓国語と英語で書かれた縦に長い怖いサイトです。

正確には『anti666.com』らしいです。

この記事を書いている際に、Google検索ではなくアドレスバーに「アマゾン.com」と入力すると直接このページに飛ばされることが分かりました。

キリスト教関係のサイトのようですが、不気味な画像も多く、各画像にはリンクが貼られており、グロテスクな画像もあるとのこと…。

(過激な画像を含む可能性があるためリンクは控えます)

イルカの夢でさようなら…

『イルカの夢でさようなら…』はかなり古くから怖いサイトや検索してはいけない言葉として認識されている伝説の怖いサイトです。

エンターページには女子高生の画像が表示されます。それをクリックして徐々に痛めつけていくという衝撃的な演出を見てようやく入ることができます。

コンテンツとしてはホラー系というよりサイコ系です。

音楽などアートのような側面もありますが、ポリゴンショックなどもあるのでご注意ください。

Internet Exploreでなければ見ることのできない演出もあるので、IE推奨です。

イルカの夢でさようなら…(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
私を殺してから先に進んでね – イルカの夢でさようなら(旧)

おめでとうございます!! – イルカの夢でさようなら(新)

おもしろ井戸端会議

『おもしろ井戸端会議』は芸能人やYouTuberについてまとめたブログです。

おもしろ井戸端会議トップ

芸能人やYouTuberについてまとめたブログの1記事。

「ある有名女性実況者の失踪」についてまとめた管理人はその原因についての考察をしているのですが…

かなり怖いホラーサイトでした。
映画『貞子』のキャンペーンサイトでした。

おもしろ井戸端会議(外部リンク・アーカイブ)

【私の実況動画はこちら!】
スクショしたら呪われるサイト – おもしろ井戸端会議(撮るな)

株式会社闇 ver.1

『株式会社闇 ver.1』は「株式会社闇」という実在する会社の旧ホームページです。

株式会社闇 タイトル

しっかりと会社の説明がありつつ、恐怖演出が襲ってくる怖いホラーサイトです。

怖いのが苦手な人には会社概要を知ることすら許されない?!

株式会社闇 ver.1(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
怖すぎる会社のサイト – 株式会社闇 ver.1

株式会社闇 ver.2

『株式会社闇 ver.2』は先の『株式会社闇 ver.1』の新しいサイトです。

ゲーム要素も加わり、怖さもパワーアップしております。

スマホ向けになっているみたいなので、スマホやタブレットで見るとより怖い体験ができるかもしれません。

前バージョンと繋がりがないかもしれませんが、関係があるように思える描写もあるので是非併せてご覧ください!

株式会社闇 ver.2(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
帰ってきた怖すぎる会社のサイト – 株式会社闇 ver.2

極まりないズサン運営遊園地

『極まりないズサン運営遊園地』はかつて大阪府にあったエキスポランドという遊園地に対する誹謗中傷を書き連ねた怖いサイトです。

ただ誹謗中傷が書かれているだけではありません。

アクセスすると赤い目をして顔面が真っ白の女「赤目女」の画像が表示され、叫び声が流れるという演出がついている怖いサイトです。

※サイトは閉鎖されてしまっていました。

極まりないズサン運営遊園地(アーカイブ)

サクヤサマ 呪われたリゾートバイト

『サクヤサマ 呪われたリゾートバイト』は求人情報サイトがプロモーション用として公開している怖いサイトです。

サクヤサマ タイトル

ゲーム形式で進むサイトで、かなりビックリ要素や怖い話などが含まれているホラーサイトです。

怨霊サクヤサマに魅入られてしまった主人公は無事呪いを解き、楽しいリゾートバイト生活を送ることができるのだろうか!?

サクヤサマ 呪われたリゾートバイト(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
サクヤサマが見てる – 呪われたリゾートバイト

死死死死死 呪い

『死死死死死 呪い』は壁紙に首をかしげているミイラのような金髪の女性の怖い画像が壁紙に並べられている怖いサイトです。

壁紙の他に同じ怖い画像が左から右にいくつも流れてきたり、隠し文字として「呪いは始まった・・・・・・ ククク」「四十九日後に死ね」と書いてあります。

現在は削除されてしまっているようで確認ができませんでしたが、昔は大音量の悲鳴も流れてくるような怖いホラーサイトだったそうです。

死死死死死死死死死…(アーカイブ)

謎と旅する女

『謎と旅する女』は普通の女性の旅ブログです。

謎と旅する女 タイトル

なぞなぞ形式で女性がどこの国に行ったか紹介するブログ。

しかしどんどん雲行きが怪しくなっていく怖いサイトです。

最後は怖すぎる怒涛の展開に…

ビックリ要素もある怖いホラーサイトです。

謎と旅する女(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
(人生をやめて)なぞなぞ、はじめました – 『謎と旅する女』

呪われたオーディション会場からの脱出(スマホ限定)

『呪われたオーディション会場からの脱出』はリアル脱出ゲームの怖いサイトです。

呪われたオーディション タイトル

サイト自体が脱出ゲーム形式になっており、怖い演出と謎解きを乗り越えていく必要があります。

晴れてすべての謎を解くとハッピーエンドを見ることができますが、そうでないと…

スマホ限定のホラーサイトです(パソコンでは見れません)

呪われたオーディション会場からの脱出の告知サイト(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
怖すぎるオーディションサイト – 呪われたオーディション会場からの脱出

白死蝶さんのプロフィール

『白死蝶さんのプロフィール』は「前略プロフィール」風の怖いサイトです。

白死蝶 タイトル

悲惨な出来事の結果殺されてしまった女子高生のプロフィールで、文章の内容はかなり陰鬱。

途中から自己紹介を放って、完全にその出来事の語りになってしまいますけど。

最後に閲覧者へ接触してくるホラーサイトです。

白死蝶さんのプロフィール(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
死んだ女子高生の日記 – 白死蝶さんのプロフィール

ホームページ制作屋

『ホームページ制作屋』はホームページ制作を代行してくれる業者さんのサイトです。

ページを開くと、壁紙が黄色と赤が点滅するようなgif画像に設定されているので目がチカチカします。

暗い場所で画面に近づいてみるといわゆる「ポケモンショック」のように光過敏性てんかんを引き起こしてしまう可能性があるという意味で怖いサイトです。

実際にこの記事を書くときに確認のために改めて見たら、頭がクラクラしました。

ホームページ制作屋(外部リンク)

ボンチョンドンお化け

『ボンチョンドンお化け』は韓国のWEB漫画です。

内容は「帰りが遅くなった女子高生が帰り道に気味の悪い女性と遭遇してしまう」という怖い漫画。

しかしただの怖い漫画ではありません。

紙の演出ではできない、WEB漫画ならではの脅かし演出が含まれています。

ボンチョンドンお化け(英語)

ボンチョンドンお化け(韓国語)

『オクス駅お化け』という同作者さんによる同じような演出の別の怖い漫画もあります。

勇気のある方はこちらも併せて見てみてください!

オクス駅お化け(英語)

オクス駅お化け(韓国語)

幽霊専用の脱毛サロン

『幽霊専用の脱毛サロンのWEBサイト』はその名の通り幽霊の為の脱毛サロンのサイトです。

幽霊専用脱毛サロン タイトル

面白いコンテンツを生み出し続けている株式会社バーグハンバーグバーグと怖いコンテンツを生み出し続けている株式会社闇がコラボした面白怖いホラーサイトでした。

『幽霊専用の脱毛サロンのWEBサイト』(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
オバ毛 – 幽霊専用の脱毛サロン

妖精で遊ぼう

『妖精で遊ぼう』は人間に捕まってしまった妖精が出てくる漫画です。

「人間界に来た妖精が人間に捕まり、安価で色々な実験をされてしまう」という内容の漫画。その実験内容が怖いです。

ハサミで指を切ったり、手を鉛筆削りにかけたり…

これはまだ序の口…

(過激な画像を含むためリンクは控えます)

りんなの女優デビューブログ

『りんなの女優デビューブログ』は女子高生AI「りんな」が女優デビュー決定を記念して開設したブログです。

りんなブログ タイトル

デビューが決定した時は嬉しそうで、撮影中もかなり順調に進んでいたように思えましたが…

予想に反してかなり怖いサイトでした。

実はこれも『あなたの来世診断』同じくフジテレビの『世にも奇妙な物語』のプロモーション用サイトだったのです!

『りんなの女優デビューブログ』(外部リンク)

【私の実況動画はこちら!】
女子高生AIの素顔? – りんなの女優デビューブログ

bzroar v0.666b

『bzroar v0.666b』はフィンランドの音楽グループBizarre Uproarのサイトです。

サイト全体はフラッシュで出来ていて、開くといきなり大音量の不協和音が鳴り、様々なギミックでモノクロの不気味な画像が表示される怖いサイトになっています。

しかし今は閉鎖され、アーカイブも見れない状態になっています。

waterducts

『waterducts』は『東方Project』というゲームの二次創作交流サイトです。

しかしただの二次創作交流サイトではなくグロ系(リョナ系)が主の交流サイトになっています。

(過激な画像を含むためリンクは控えます)

010816

『010816』はとあるネットアイドルのブログの魚拓です。

開くと支離滅裂な文章が表示され、記事の最下部にはリストカットの画像が貼り付けられています。

「アハハアハハ ウルサイ」という検索してはいけない言葉として知られている怖いサイトです。

(過激な画像を含むためリンクは控えます)

危険度3の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度3の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度3とは「検索・閲覧する場合は注意」というもので、検索したら人によっては生活に支障をきたす場合があります。個人的な経験上、ここからはかなり過激な言葉が登場しはじめます。

危険度4

ここからは危険度4の怖いサイトです。

様々な恐怖を用意していたり、まとめ系だったりとボリュームが上がっているサイトが多くなります。ホラー系は恐らくここまでです。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

ふぁんしーあいらんど

『ふぁんしーあいらんど』は世界一怖いと言われているサイトです。

トップページこそ可愛いものの、一度足を踏み入れるとそこには恐怖の迷宮。

様々な怖いページを進み、謎を解き、ゴールにたどり着くゲーム型の怖いサイトです。

世界一怖いサイトと言われていますが、ホラー系では恐らくそうです。

ふぁんしーあいらんど(外部リンク)

death論教

『death論教』は怖い画像が貼り続けられている掲示板です。

アクセスするとまず壁紙に目の大きい日本人形のような画像「かわいくさせて」が大量に表示されます。

掲示板にはホラー画像、虫画像、集合体画像など人が嫌がりそうな画像が大量に貼られているので閲覧注意です。

加えて、death論教の公式ホームページとされている『こだまNetwork』の「叫鈴《SIREN》」というページはグロ系やビックリ系の検索してはいけない言葉を実際の画像・動画付きで説明するような怖いページなので注意です。

(過激な画像を含むためリンクは控えます)

Winterrowd.com

『Winterrowd.com』はビックリ系フラッシュを多く紹介しているサイトです。

恐怖のイライラ棒『Scary Maze Game』の作者さんが運営しているウェブサイトです。

ユーザーから様々なビックリ動画・フラッシュを集めているので、ビックリ系をまとめた怖いサイトになっています。

※閉鎖されていました。

Winterrowd.com(アーカイブ)

>>ビックリフラッシュまとめ

危険度4の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度4の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度4とは「なるべく検索・閲覧を控えた方がよい」というもので、検索したら生活に支障をきたす場合が十分にあります。個人的な経験上、ここから命に関わる言葉が多くなってきます。

危険度5

ここからは危険度5の怖いサイトです。

ホラーというよりもグロ系や汚い系の怖いサイトが増えてきます。文章を読むだけでも辛いという方はこの先閲覧注意です。

なおここからどのサイトも過激なのでURLの記載は控えます。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

ホアヨダリツ

『ホアヨダリツ』は縦に長いブログの1記事のタイトルです。

最初は文字化けした文字列がズラッと並んでいます。

更に下に進むと、目の大きい日本人形の画像(かわいくさせて)などの不気味な画像が並び、「モタ男」や「グリーン姉さん」や「切腹おねえさん」などのグロテスクで生々しい画像が貼られている怖いサイトです。

このブログの他の記事はゲームの日記だったり、検索してはいけない言葉をやさしく解説する記事だったりしました。

poorworld.net

『poorworld.net』は貧困や戦争の真実を知ってもらう目的で作られたサイトです。

貧困や戦争について実際の写真画像付きで説明しています。

特に戦争の写真については生々しく衝撃的な写真も含まれておりますので、グロ耐性の無い人にとっては怖いサイトになっています。

なおトップページにもショッキングな画像が貼られているので注意です。

Rate My Vomit

『Rate My Vomit』はユーザーの吐瀉物のレビューをするSNS型サイトです。

ユーザーが吐瀉物の写真を投稿し、他のユーザーが10段階でそれを評価するサイトです。

汚い物が苦手な人にとってはかなり怖いサイトになっています。

10位までのランキングもあるようです。

トップページに表示される投稿は毎回異なり、更新すると変わります。

429 Too Many Requests
危険度5の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度5の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度5とは「ものによっては実害がある」というもので、検索したらほぼ確実に精神的に負担がかかるなど、生活に支障をきたすとされています。

危険度6

ここからは危険度6の怖いサイトです。

ここからは汚い系も減ってきて、グロ系が主となります。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

天邪鬼

『天邪鬼』は世界のショッキングなニュースを専門的に扱うブログです。

過激派組織の処刑映像、動物の虐待動画、凄惨な事故などの過激なコンテンツがほとんどモザイク無しで掲載されています。

閉鎖され、その後別の人によって『NEO天邪鬼』というサイトが立ち上げられました。しかし『NEO天邪鬼』も閉鎖されてしまったそうです。

ギャグ 101連発

『ギャグ 101連発』は自サツの記事を書いているブログです。

正確には『自サツギャグ 101連発』という名前のサイト。

実際の自サツの現場の写真画像をモザイクなしでそのまま載せ、ギャグとして茶化す記事を公開しています。

「自サツは愚かな行為だ」ということを知ってもらい、自サツを止めることを目的としているそうです。

しかしグロ耐性のない人や不謹慎な記載が苦手な人には怖いサイトになっています。

ポッカキット

『ポッカキット』は世界の衝撃的なニュースを集めているサイトです。

戦争やテロ、事故などに関する過激な記事が多く含まれています。

その記事にはモザイクなしの動画や画像が含まれているため、グロ耐性がない人は注意です。

ただ記事一覧では画像にモザイクがかかっていたり、過激な記事には閲覧注意と書かれていたりとユーザーに配慮した作りになっています。

松山 ドクハラ

『松山 ドクハラ』は特定のサイトではなく、そう検索すると大量にヒットする釣りサイトです。

口コミサイトや『検索してはいけない言葉 Wiki』などになりすましており、Googleで検索するとそれらのサイトよりも上に表示されてしまいますので注意です。

サイトの内容は松山協和病院という愛媛県に実際に存在する病院に所属している特定の医師への誹謗中傷。

「ドクハラ」とはドクターハラスメントの略で、医師による患者への嫌がらせを意味します。

誹謗中傷の文章と共に怖い画像・わいせつな画像・グロ画像が大量に貼られているのでかなり危ない怖いサイトになっています。

視テ見ヌ素振リ眼潰シテシマヘ

『視テ見ヌ素振リ眼潰シテシマヘ』は大量の遺体の画像と不気味な詩が載っている怖いサイトです。

サイトを開くといきなり激しく損壊した遺体の画像が出ます。

全23枚の画像が貼ってあり、それは戦争の犠牲者の写真らしいです。

アーティスト「日比谷カタン」氏のウェブサイトのギャラリーで、書いてある詩は実際に起きている戦争などから目を背ける人に向けた詩らしいです。

kekma.net

『kekma.net』はグロいドッキリサイトです。

サイトを開くと英文で「このサイトには子供には適さない暗いコンテンツと成人向けユーモアが含まれます。18歳以上限定です」という記載と共にエンターボタンが表示されます。

エンターボタンを押したら最後、強制的にフルスクリーン表示になります。

大音量で様々な叫び声が流れ、全裸の男性が浴槽でしゃがみ尿道にネジをねじ込んで出血し、床が血だらけになるグロ動画が再生されます。

さらに背景には赤ん坊のグロ画像と頭が潰れた男性の画像も点滅しています。

『kekma.net』についてまとめてみました。

kekma

ohlookaforum

『ohlookaforum』はグロ系を扱っている海外の掲示板です。

現在は閉鎖され、ドメインが売り出されております。

アーカイブが残っており、過去の書き込みを見ることができます…。

危険度6の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度6の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度6とは「大きな悪影響を及ぼす恐れあり」というもので、検索して何が起きても知らないよとされています。ウィルスサイトなども含まれているそうなので、検索には十分注意する必要があります。

危険度7

ここからは危険度7の怖いサイトです。

大量のグロい画像を集めたサイトや、ウィルスサイトなどが入ってきます。

危険度1 危険度2 危険度3 危険度4
危険度5 危険度6 危険度7

Offended Dramatica

『Offended Dramatica』は大量のグロい画像を集めたサイトです。

縦にものすごく長く、様々なジャンルのグロい画像が大量に貼られています。

『Encyclopedia Dramatica』という過激なWikipedia風サイトの『Offended』という記事で、「気分を害した」という意味です。

『Encyclopedia Dramatica』を見て気分を害した人用のサイトになっているのか、最初の方はかわいい動物たちの画像が貼ってあります。

しかし途中からグロ画像のオンパレードになります。

危険度7の検索してはいけない言葉
ここの記事は危険度7の検索してはいけない言葉について文字でまとめたものです。危険度7とは「絶対に検索してはいけない」というもので、検索したら様々な面で大きな悪影響を及ぼすので絶対に興味本位で検索してはいけないとされています。どれも過度にグロテスクなものがあったりガチウィルスなので、正直本当に検索してはいけません。

まとめのまとめ

怖いサイトを見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

まだまだあるみたいなので、随時更新していこうと思います。

ただブログの更新よりもYouTubeでの更新の方が早いので、よろしければチャンネル登録の方もよろしくお願いします!

いままでの検索してはいけない言葉一覧
検索してはいけない言葉とは検索すると良くないことが起こる言葉です。略して「検いけ」と呼ぶ場合もあります。各ワードを検索するのは自己責任のもと行ってください。本記事ではいままでぴーちすの動画で実況した検索してはいけない言葉を一覧にいたします。
ビックリフラッシュまとめ 55選(URL付)
どうもビックリフラッシュ実況者のぴーちすです!今回紹介いたしますのは「ビックリフラッシュ(Jump-scare Flash Movie)」です。ビックリといっても「嬉しいサプライズ」ではなく、「怖いサプライズ」。「面白フラッシュ」というジャ
タイトルとURLをコピーしました