『Pokémon Death Version』呪いのポケモン

スポンサーリンク
Pocket

お世話になります!ゲーム実況者のぴーちすです!

今回紹介させていただくのは

『Pokémon Death Version』

という『ポケットモンスター』のexeゲームです。

exeゲームとはファンホラーゲームであり、ポケモンの残酷な二次創作要素が含まれております。予めご了承下さい。

【ホラーゲーム】ポケモン(死) – Pokémon Death Version【実況】

※こちらは任天堂の公式作品ではなく、同人作品です。

スポンサーリンク

呪いのポケモンのダウンロードなど

作者:theohmguy氏

『Pokémon Death Version』の作者はtheohmguy氏という海外のクリエイターさんです。

theohmguy @theohmguy(Game Jolt)

他にもソニックのexeゲームを御制作なさっているみたいです!

ダウンロード

『Pokémon Death Version』は下記のリンクよりダウンロードできます。

Pokémon Death Version(Game Jolt)

※リンク切れのため現在ダウンロードできない状態になっております。

呪いのポケモンの内容(ネタバレ注意)

YouTubeに実況動画をアップロードさせていただきましたが、実況動画が苦手な方や諸事情により動画をご覧になれない方もいらっしゃるかと存じます。

以下に『Pokémon Death Version』がどのようなexeゲームであったかを紹介したく存じます。

操作方法

移動:矢印キー

調べる・選択:エンターキー

呪いのタイトル画面

ゲームを起動すると、ピカチュウが走ってくるOPムービーが表示されます。

これは『ポケットモンスター ピカチュウバージョン』のOPですね。

しかし少しするとノイズが入り…

『Pokémon Death Version』。BGMにはもう原曲がわからないくらいにグチャグチャにされたポケモンのテーマ曲が。

ピカチュウがとんでもないことになってます。

ここでエンターキーを押すと…

叫び声と共にかなり怖いピカチュウの画像が一瞬表示されて、ノイズが走り画面が崩れる演出があります。

しばらく暗い画面が続くのですが、そこで待っていると…

動画では録画時のフレームレートの問題なのか表示されず、何にビビっているのかわからない感じになっていましたが、これがほんの一瞬表示されます。

これは怖い。

オーキド博士との会話

このあと普通のポケモンと同じようにオーキド博士との会話から始まります。

しかし…


※左上の日本語は私が編集でつけたものです。

赤いんです。そして文字が鏡文字になっています。かなり読みづらく、動画ではgdgdしてしまいました。

まずは以下のようなセリフが流れます。

Hello there!
Welcome to the world of POKéMON!
My name is OAK!
People call me the POKéMON PROF!

やぁ!
ポケモンの せかいへ ようこそ!
わしの なまえは オーキド!
みんなからは ポケモンはかせと したわれて おるよ!

この後ピカチュウが右から流れてくるのですが…

You will die in this world.

お前はこの世界で死ぬだろう。

酷い予言を一瞬だけ表示して消えてしまいます。このポケモンの世界には行きたくなくなります。

その後もオーキド博士のセリフが続くのですが、

First, what is your name?

では はじめに きみの なまえを おしえてもらおう!

主人公の名前を決定するシーンですね!

ここで通常なら選択肢の他に自分で名前を入力できるはずなのですが、今回は選択肢の中の名前しか選べません。

その選択肢は…

・THEY
・WANT
・YOU

・彼らは
・欲しい
・お前が

「彼らはお前が欲しい」という文章になっています。

ちなみにオーキド博士から与えられた選択肢の中でまともに進めることができるのは「YOU」だけです。他を選ぶと…

叫び声とともに怖いポケモンの画像が表示されます。これはプリン(ンリプ?)ですが、ヒトカゲだったり色々です。

次にライバルの名前も決定することになるのですが、そこでの選択肢も…

・THEY
・WANT
・YOU

・彼らは
・欲しい
・お前が

ここでもまともに進める選択肢は1つだけで、「WANT」。他を選ぶと怖いビックリ注意です。

無人マサラタウン

「ポケットモンスターのせかいへ!レッツゴー!」

みたいな演出はなく、一瞬のノイズで主人公の部屋から始めることができるようになります。

パソコンなどのオブジェクトは一切調べることができません。

1Fに降りても、主人公の母親の姿はありませんでした。

外に出てみると…

マサラタウンにもだれもいません。

ライバルの家にも、オーキド博士の研究所にも入ることができませんでした。

呪いのピカチュウをつかまえた?!

草むらに入るとイベントが!

オーキド博士が後ろからやってきて、草むらを進もうとしている主人公を止めてきます。これはポケモンのピカチュウバージョンにあった演出ですね!

That was close!
Wild POKéMON live in tall grass!

あぶない ところだった!
くさむらでは やせいの ポケモンが とびだす!

ポケモンを持たずに草むらを進むのは危ないということです。

言ったそばから、野生のポケモンが…

ピカチュウです!これがこのポケモンでは相棒キャラになってくると思うのですが…

表記が少しおかしいです。普通なら「PIKACHU」になるのですが、その逆表記「UHCAKIP」になっています。

この作品以降、呪いのピカチュウは総じて「UHCAKIP(読み:ウーカキップ)」「ウュチカピ」と書かれることが多くなりました。

Wlid UHCAKIP appeared!
PROF. OAK used POKé BALL!
UHCAKIP was caught!

やせいの ウュチカピが あらわれた!
オーキドはかせは モンスターボールを つかった!
やったー!
ウュチカピを つかまえたぞ!

あれ?あっさり捕まえることができました。

さすがです!オーキド博士!!

そんなわけないですよねー!!

ウュチカピはモンスターボールを破ってしまったようです。

なぞのばしょ

その戦闘後、主人公は謎の空間に飛ばされてしまいます。

オーキド博士がどうなったのか… それはわかりません。

下の方に進むしかないので進んでいくと…

不気味なゲームボーイ風のBGMとともに、怖いピカチュウの画像が表示されます。

すると、

そのBGMは続いたままで、全体的に赤くなります。

さらに下に進むと、曲がり道が…

そこを曲がって進んでいくと…

左からウュチカピが…

ぎゃああああああああ!!

これで呪いのポケモン『Pokémon Death Version』は終了です。

まとめ

タイトル画面からオープニングまで原作を再現しようとしているゲームで、当時ポケモンのピカチュウ版をプレイしていた私としてはかなり怖いexeゲームでした。

まだまだ続編もできてるみたいです!!

最後までお読みくださいましてありがとうございました!

スポンサーリンク